スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電力各社の資産担当者ですら認識していない

東京電力管内の送電線の資産が5兆円と聞きました。この送電線の既得権によって、民間からの売電を受け入れる事に問題が生じて小規模からの買取に規制が掛ると聞きましたが、本当にそうでしょうか。今回の原発事故によって国税を投入せざる得ない時期だけにこの既得権を全て国へ移行すべきです。
まして、9電各社は地域に於いて売り手、一手の独占企業を国が認めている。それに電力事業の立ち上げには巨額な税金が投入されている。独占を継続させる事自体問題がある。
まず、早急に国内の小規模発電を利用すべきだ、今回菅の言っているエネルギー買取法がどれだけスピーディーに全国に普及するか、又、買取に問題が生じ活発化しない事もある可能性もある。よくじっくり見せて頂きましょう。
本筋を見失ってはいけません。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。