スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都内寺院の墓地事情を懸念

 お寺離れとメディアが騒ぎ立てる時代。私達の業界でも、堂内陵墓などと言って今までの寺院形態を変えようとしている。

 あるところでは、一つの建物に8000軒もの檀徒を収容するとしていますが、それだけの檀徒が一時にお参りするとしたならおそらく10数基の参拝場所が過密化して、もう行かないでもと考える檀家も出てきやしないか。今日現在までに起きてきた現象が、寺離れであったはず、これにさらに拍車を掛ける結果となると思う。一か所の寺院に於いては檀家の確保が出来、その寺院は安泰かもしれないが、寺院に対する庶民の思いは更に離れる、宗教、先祖に対する考えも疎遠となって行くと思われます。

 やはり持続的な寺院経営をして行く為には、お寺様が、心の拠り所となっていく事が期待されると思います。石の声ではそんなお寺様創りに『供養の窓』で貢献したいとお盆を迎え思いを熱くしています。

スポンサーサイト

テーマ : 山梨
ジャンル : 地域情報

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。